2006年9月アーカイブ

20060927-026.jpg

ISAIA2006に関連して、韓国のことをネットでちょっと調べてみました。
(まだ論文が通過したという連絡が来たわけではないですが。)

2002年のWカップで大きな親交があったり、韓国ブームとか言われてるのですが
なんだかんだ言って全然知らなかったな〜っていうのが実情です。
(別に韓国ブームに乗っていたというわけではないですが。)

20060927-039.jpg

まず実際行くとなると気になるのが物価で、

韓国観光公社公式サイト
ソウルナビ(統計と物価で見る韓国)
朝鮮日報(これがなかなかおもしろい)

とかを見てたら「ほほ〜。」と食い入るように読み漁ってしまいました。

・とりあえずは商品によるがマックとかスタバが日本より高い!!
・交通費が日本よりかなり安い!!
・食費に関しては安く済みそう!!

ってな感じですが朝鮮日報には物価に関して違った見方が書かれてたり....

で、今回ほとんどが韓国の学生が参加されるということで
名前だけは知っていたけど実際どんなものなのかわからなかった
「徴兵制」についても調べてみました。

InnolifeTV
アジョッシの気になる韓国
韓国の徴兵制について

これらを読んでいると....韓国国内でも賛否両論あったりで
僕からしたら「う〜む。」と思うくらいしかできないのですが.....

韓国の教育の年数は日本と同じで、受験戦争がかなり厳しいということが
日本のニュースとかでよく放送されていますが、
徴兵制で大学を休学したりするために
男性が社会に出る平均年齢が27〜28歳というの初めて知りました!!
(えっ!?実はこれって皆周知の常識だったりするっ!?)

徴兵制が与える影響というものは韓国にとって大きなものなのだな〜と思いました。

写真はフリー写真集サイト「Travel Lover」さんから拝借しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060915-030.jpg

香港最終日、朝4時半起床。
朝風呂に入って 忘れ物がないか最終確認後
ベッドメイクの人にチップを残し、部屋を出ました。

ロビーでホテルマンの方に記念撮影をしてもらいました。


朝6時半、パンダホテルを出て、バスで香港国際空港へ。


この香港からの搭乗手続きがかなり手こずり&厳重でした。
このプラン自体も結構ギリギリな時間設定だったので
搭乗締め切り時間過ぎにようやく乗れました。


飛行機の離陸は窓際に近い場所だったのでしっかり見て
あとは機内食の時間以外はず〜っと睡眠をとっていました。
ディズニーのデータシートを書く気力はありませんでした。

で、あっという間に日本到着。

20060915-002.jpg

成田空港から安藤先生は高速バスで、山畑先生がたと
僕らは京成で、船橋駅でお別れしました。

もう一度この旅の目的を確認すると
ディズニーとカジノで遊ぶこと
香港観光
・ディズニーランドのアトラクションの構造の調査
・香港のペデストリアンデッキ調査
・マカオの調査(?)

その他、僕は香港の超高層を一度見てみたかったので
空へと吸い込まれそうな香港島の摩天楼が見れて感動しました。


安藤先生、山畑先生、大変お世話になりました!
また、大人数をご引率してくださいましてありがとうございました。!
山畑ゼミの4年生、お疲れ様でした!


今、こうして日記を書き、読み返すとまた行きたくなる衝動に駆られます。
香港のことをもう少し知りたくなってきました。
今度行くことがあったら、涼しい時に、さらに予算を絞ってみて、
穴場的なスポットを探索してみたいと思います!

香港・マカオ調査記 2006.9.1.〜2006.9.5.        〜終〜


このエントリーをはてなブックマークに追加



20060915-029.jpg

香港四日目。実質最終日です。
今日はディズニーランドへ行きます。

10時にディズニーランド開園なので9時にロビー集合。
そこで今回のディズニー調査にあたってのデーターシートの説明を受け
皆いきなりの説明だったため、おそらくかなり曖昧なまま出発。
アトラクションの待ち時間の間に軽くメモを取る程度で、とのことでしたが.....


香港ディズニーランドへは電車で行きました。
平日だったのでこの時間帯のディズニーに行くまでの電車が空いてました。
電車から見える景色が超高層ばっか....

20060915-DSCN1272.jpg

20060915-DSCN1206.jpg

ディスニーランドリゾート駅につくと、エントランスはすぐです。

夢の国に浸って写真撮影を怠ったというわけではないのですが
肝心のアトラクションの写真やらを全然撮影していないことに
ホテルに戻ってから気づきました。
写真が手に入ったらまたこの日のブログ書き直すかもしれません。


香港ディズニーランドを知るならこのサイトがおすすめ!!
(って他人の力便りにしていますが)


というわけで園内に入ったらひたすらアトラクション乗車!!
「ガラガラだったらうけるね」って話してたら
はじめは本当にガラガラでした。(夕方にかけて混んできました。)

20060915-DSCN1216.jpg

おかしなスケールの城。眠れる森の美女のお城です。
(アメリカのディズニーも1つこんな感じだそうですが)
パンフレットを見るとこれもアトラクションの一部になっていましたが
この門をくぐると違う世界にいけるということがアトラクションだそうです。

そういうオマケ的なアトラクションがこのディズニーランドにはいくつかあります。


スペースマウンテンが待ち時間5分で、実質待たずに乗れました。
これは結構面白かったです。
これを最初に乗ってしまったので正直あとのアトラクションが......


このオートピアというアトラクションは20分くらい並びました。


運転が非常に難しく、ガコンガコンいってレールからタイヤが
はずれるんじゃないかと不安視し、動画撮影は途中で断念。

20060915-DSCN1225.jpg

どういう順序で回ったのか忘れました。
一応ひととおり、アトラクションは乗ったのですが
いくつかのアトラクションは割愛させていただきます。

これはジャングルクルーズです。
待たずに乗れました。


船員が広東語でしゃべっていたのでわからなかったのですが
内容はだいたい日本と同じでした。
後半に日本と違う部分があり、迫力もあってなかなかおもしろかったです。

20060915-DSCN1257.jpg

日本のディズニーのトムソーヤ島にあたる
ターザンのツリーハウスへおなじみのイカダで渡ります。
帰りに、このイカダの運転がうまくいかず、2回くらい切り返して
ジャングルクルーズの船を停滞させました。

ツリーハウスの頂上からディズニーとは関係ない敷地が見えてしまうのが
夢の国の徹底振りに欠けます。


無事対岸へイカダを着けられたときは、客から拍手が起こりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060915-DSCN1201.jpg

香港三日目、昨夜は午前三時過ぎに就寝し、今朝は8時半起きでした。
今朝もホテル1階のお粥屋で朝食をとり、T君は二度寝。

今日はマカオへ行きます。

パスポートを持ち、ベッドメイクのチップを置き、
10時にロビーに集合しました。


20060915-59.jpg

地下鉄で香港島上環駅へ。
マカオ行きのターボジェットのフェリーターミナルへ向かいます。
そういえば香港の地下鉄は地下鉄の走っている方向から
冷房の風がビュンビュン吹いてきました。
あれは狙いなのかな??

20060915-162.jpg

受付の人や船員さんたちがすごいせかすので
急いで乗船手続きを済ませ、ターボジェットに乗りました。

どうやら予定より一本早いフェリーだったそうです。

フェリーの中で出国入国カードの書き方がちょっと違くて,手こずっていたら
隣のおそらく香港人のお兄ちゃんが教えてくれて胸を打たれました。
しかも僕がカバンからボールペン出そうとしたら、出す前にサッと貸してくれた.....


僕も日本に海外旅行に来てる外国の観光客の人が、何か困っていたら
すすんで助けに行ってあげようという気持ちになりました。

20060915-DSCN1151.jpg

20060915-DSCN1152.jpg

ターボジェットに1時間くらい揺られ、マカオに到着しました。
香港島で夜8時に行われる摩天楼のライトアップショーを見るために
先に帰りの5時半のフェリーのチケットを購入しました。

よってマカオに滞在できるのも4〜5時間くらいということで
急いで出発!!


バスでマカオの観光スポットのセナド広場へGO!!。
マカオは建設ラッシュ!!

20060915-DSCN1114.jpg

セナド広場へ到着!!
なんかもろ整備したテーマパークのような印象でしたが
ポルトガルの文化と中国の文化が融合してます!!(?)


ここでも僕以外の男性陣はスタバのタンブラーを購入し、
僕は仲間はずれにされていました。
タダでスタバのドリンクがもらえ、マックで昼ごはんを食べました。
マックは店員さんがゴミを片付けてくれるという親切ぶり。
常にウロウロしていて逆に邪魔だったような気もしますが。
味はちょっと薄めでした。

20060915-178.jpg

20060915-180.jpg

20060915-183.jpg

そして街路を歩きながら写真をパシャパシャ撮りつつ
一路セント・ポール天主堂跡へ.....

そういや、気温はマカオは香港より少し涼しめでした。
(といっても僕にとっちゃ暑いに変わりなかったですが。)

20060915-DSCN1133.jpg

ついに見えてキタ━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━ ッ!!

20060915-DSCN1139.jpg

セント・ポール天主堂跡に到着。
観光客の皆さんは階段でここぞとばかりに写真撮影しまくりでした。

ウェディングドレスを着たカップルがここで記念写真を撮っており
観光客の皆から祝福されてなかなか心地よさそうでした。


20060915-195.jpg

階段を登り、接近.....


20060915-1148.jpg

裏側はこんな感じ。
登れるようになっています。

なんだか建築学科の学生とは思えない感想ですいません。
この建物の詳しいこと知りたいならこっち見てください。


20060915-DSCN1141.jpg

階段頂上からの眺め。

20060915-206.jpg

少々休憩後、マカオ名物杏仁餅をお土産に購入しました。
この杏仁餅がおいしいかどうか賛否両論で
食べる時に水分が必要なことは確実です。
ゼミ室での反応もふざけたことにイマイチでした。

そして、この旅の本当の目的のカジノへ行くため、
セントポール天主堂跡・セナド広場を後にしました。

20060915-DSCN1150.jpg

カジノ・リスボアへ到着。
荷物は貴重品以外全て預けて、空港の荷物チェックのような
検査を受けました。
エントランスは結構狭かったです。


ここで某T氏 20060915-DSCN0998.jpg に問題発生。


カジノは写真撮影禁止だったらしく、T氏は勇敢にも撮影に望み
警備員のおばちゃんにすごい剣幕で怒鳴られました。

20060915-212.jpg

これがその時の問題の写真。
ぶれてますが、左上の白い機械が空港にもある金属探知機みたいな機械です。

さらにT氏のタンクトップがドレスコードにひっかかったらしく、
入場が危ぶまれましたが、先生の上着を借りて何とか入場。
ドレスコードが一応あることをT氏が身をもって教えてくれました。

女性とかノースリーブの観光客が結構いたから
ここでひっかかる人いるんじゃないかな??と思いました。


中はすごい熱気と人。まさにカジノ。
ディーラーがいるルーレットやバカラやポーカーなどは人が多く、
ギャラリーもすごくて、入っていける雰囲気ではなかったので
とりあえずはスロットをプレイしに地下へ。


地下はまるで日本のゲームセンターのようでしたww
スロットやポーカーも日本のゲーセンにあるやつでしたし。
(セガサミーって書いてあった。)

お金は機械によって色んなかけかたができました。
基本2香港ドル(約30円)が最低かけ金だったかな??
あぁ ゲームの種類によりましたが。


皆さん約1時間くらいそれぞれ賭け事に勤しみました。

結果、約250香港ドル負けたものもいれば、60香港ドル勝った人もいました。
(一時期260ドル儲けまで膨れ上がったそうで)

ちなみに僕は始めず〜っと負けてて70香港ドル近く損失してたのですが
後半一気に巻き返して 負け分を取り返し、最終的に6香港ドル儲けました!
フェリーで時間制限があったのでやむを得ず換金しました。

で、これはやばいです。
ちょっとでも勝っちゃうと嬉しくて、ハマリました。
負けてても次こそはってどんどんつぎ込んじゃいました。
日本にもカジノできればいいのに。
できてほしい!!


名残惜しくも、カジノを後にし、再びフェリー乗り場へ。

20060915-221.jpg

帰りのフェリーはちょっと豪華で広くて、全然揺れなくて
乗り心地サイコーでした。
ってな感じにマカオの滞在5時間はあっという間でした。
が、これも内容色々だったので5時間しかいなかったように思えないです....

そして、再び香港へ....

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060912-IMG_21194.jpg

お昼ごはんは飲茶をいただきました。
腹が減っていたので何でもおいしく感じました。
いや、普通においしかったです。というか普通だったかな?
ボリュームは満天でした。
このお店には日本人のツアー客がたくさんいました。


この後は.....いよいよ安藤先生が噂していた買い物ツアーへ.....

20060912-092.jpg


20060912-093.jpg

昼食後、僕らは宝石工場(宝石屋)、シルク工場(シルク売り場)、漢方屋に
強制連行されました。(ツアーの一環なんですけどね。)


撮影禁止だったのですが この写真は種田君が撮影した貴重な写真です。
(この写真撮影後、お店の人に注意されてますww)
写真はシルク売り場で黒い服を着たおば様に
シルクの押し売り説明を受けているところです。
テレフォンショッピングのような口説き文句でした。


フロアは日本人客狙いで全て日本語対応、通貨単位も円。
店員さんがここぞとばかりに日本語で接客してきます。
周りは日本人のツアー客ばかりです。

しばらくの間、みんなこのフロアに閉じ込められました。
僕らは一応ブラっとお店を見回した後、時間つぶしに立ち話をしていました。
安藤先生はこれらを全てお見通しだったようです。

シルク商品は結構安かったので 僕も買ってもいいかな〜と
惑わされましたが 結局購入せず。
安藤先生含め、結構日本人ツアー客の方は買い物されていたようです。


漢方屋なんて一部屋に僕ら8人が閉じ込められ、
そこで漢方の説明を受け、押し売り、押し売り、
「学生さんならこっちの3000円のビンを みんなで買ってもいいネ。
買わないと日本に帰って後悔するネ。
と、脅迫まがいにまで発展。

いや、そんな怖い雰囲気ではなかったのですが
とにかく押し売りに耐える時間を過ごさなければなりませんでした。

でも、これはこれで勉強になり、おもしろかったですっ!!


20060912-DSCN1043.jpg


20060912-DSCN1045.jpg

ツアーの内容としては最後のお寺参拝へ。

お祈りのしかたや、おみくじの引き方(?)など色々説明を受けました。
大きな線香を3本1セットにしてささげるというのと
お供えをささげるというのと.....他にもあった気がします。

20060912-102.jpg

このお寺の脇に、占いのお店がずら〜っと並んだ建物があります。

う〜ん 繁盛してるなぁ。

20060912-109.jpg

種田君撮影。
種田君は貴重な写真をよく撮っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060912-DSCN1200.jpg

二日目の朝、シャワーを浴びて、ホテル一階にあるというお粥屋さんへ。
しかし、開店は七時半からで 僕らが行った時間にはまだ開店しておらず、
ホテルを出て近くにあったパン屋へ行きました。

睡眠時間が4時間足らずだったのですが目覚めはスッキリ。

T君は朝食後、二度寝をしました。

20060912-DSCN0969.jpg

8時半、ロビーへ集合。(H君が遅刻)
この日はツアープランで香港観光です。

20060912-DSCN0970.jpg


20060912-DSCN0975.jpg

昨夜は見れなかったバスからの香港の風景に脱帽です。
僕は超高層ビルが好きなので、この風景を楽しみにしていたのですが
改めて香港の摩天楼のすごさに度肝を抜かれました。
日本完敗だな〜と勝手に勝敗を下してました。

20060912-DSCN0976.jpg

香港名物、2階建てバスに乗って香港の繁華街を通り抜けます。
この方はガイドの周さんです。


20060912-DSCN0982.jpg

香港の建設工事の足場は、なんと竹!!!


2階建てバスを降りて、観光バスへ戻りました。
そして、ジャッキーチェンネタをガイドさんから聞きながら
山をズンズン登り、ビクトリアピークへ....


20060912-DSCN0992.jpg

広角レンズをホテルに置いてきてしまった....


この眺め!この摩天楼!!信じられん!!
曇ってたのがかなり惜しい!!
香港の摩天楼がいかにすごいか、このサイトを見れば一目瞭然!

20060912-IMG_1178.jpg

そしてビクトリアピークを少し散策後、トラムで
頂上から一気に山のふもとへ....

ここでI君が 20060915-_1.jpg を買うという行動に出ました。

香港の人が珍しそうに見ていました。

このトラムは後ろ向きで乗らなければならず、
しかもかなり急な角度でした。
席を立ったら滑るというより、落ちるといっても過言ではないくらい。

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060912-DSCN1109.jpg
(これは2006年9月にパンダホテルに行った際の記事です。)
ネットだと夜のライトアップされた写真がたくさん出てくるのですが
これが明るい時に撮ったパンダホテル(悦來酒店)です。


パンダホテルから最寄り駅の筌湾(ツェンワン)駅へは、ペデストリアンデッキで
ず〜〜っとつながっています。
お店や建物を貫いてるデッキで駅まで10分くらい歩きましたが
さほど遠く感じませんでした。
大窩口駅へも10分くらいで行けますが、デッキではなく
何もない地上を歩きます。

ホテル近隣にはコンビニ、飲食店、スーパーなど色々あり、
買い物には困らないと思います。
コンビニはちょっと値段が高かったです。
(といっても日本と同じくらいだけど)


パンダホテルの1〜2階には飲食店含む、お店が並んでいます。
一階にお粥屋さんがあり、一杯300円くらいで
結構な量のお粥が食べれました。味は好みによると思います。
僕は3種類くらい食べましたが、どれもなかなか美味しかったです。
それと近くにパン屋さんがあり、朝食はそこで済ませました。

20060912-251.jpg

側面には大きなパンダの絵が....
ロビーにもパンダの人形やパンダ募金、お土産用のパンダの商品とか
色々おいてありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060912-IMG_1119.jpg

2006年9月1日〜9月5日まで香港とマカオへ海外旅行に調査に行ってきました。

メンバーは安藤先生と安藤先生のご友人の東北芸術工科大学の山畑先生
種田君と僕、山畑先生のゼミの4年生、市川君、大泉さん、長谷川君、門間さんの、
計8人で行ってきました。

香港とマカオのペデストリアンデッキとディズニーランドの調査という名目で
この調査は企画され.....たんだと思います。たしか。
ちなみに4泊5日で40000円にギリギリ届かないくらいの激安ツアーです。
3日目と4日目はフリーです。


その調査記をここに記したいと思います。

(この日記に掲載している写真・動画は種田君と長谷川君と僕のデータから
勝手にピックアップして掲載しています。許してください。)


一日目。

種田君と僕は早めに成田空港へ行き、前日に慌しくシャカシャカと作りあげた
手作りの香港・マカオのパンフレットをホチキスで閉じました。
こういうのって空港でやるべきことじゃないよね。

さらに、そこでパンフレットの表紙の英語のスペルが間違っていることに気づき、
プライドは引き裂かれ、羞恥心に耐え切れず、気力をなくす。


午後4時ごろ、東北芸術工科大学の山畑先生と4年生4人と合流。
慌しく搭乗手続きを済ませ、いざ香港へ。


20060912-IMG_1122.jpg

ノースウエスト航空でした。

20060912-IMG_1133.jpg

機内食はお腹が減っていたので何でもおいしく感じました。
いや 普通においしかったです。


20060912-DSCN0942.jpg

午後10時ごろ、無事香港へ着くと、外は凄まじい蒸し暑さ。
まるで体中にサランラップを巻いているかのよう。
夜なのに32度とかでした。たしか。

香港国際空港から、今回のツアーの添乗員の案内のもと、
宿泊先のパンダホテルへ。

パンダホテルについてはこの次の記事で詳しく書こうと思います。
なぜならパンダホテルの情報を探してた時、
パンダホテルの公式ホームページより、ネットのレビューや
個人のブログやHPの意見のほうが役に立ったので。

同じように、僕もレビューを書いて、検索サイトにひっかかって
パンダホテルの情報を探してる誰かの役に立てたらなと思います。


19階の部屋に着き、明日の準備などをしているうちに日付は変わり、
次の日は朝8時半ロビー集合だったので、風呂に入らず(入れず)ササッと就寝。


このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:50JYH07
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:B(立ち止まり要素のあるペデ)
●滞留要素:案内板
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年8月2日(火)


20060911-4265956.jpg

工事が進んでいたから,今後,変わっていくかも?

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:87PYC01
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:D(ペデというより地上広場,あるいは,駅ビルのアプローチ)
●滞留要素:
●接続建物:
●旅行日:2006年8月2日(火)


20060911-4265880.jpg


センター北駅の周辺は,複雑なレベル差をもっている。
一部にはペデ的な部分もあるが,ペデというより,
レベル差を解消するためのアプローチとみなした方がよさそうだ。

駅前には,さまざまな滞留要素(モニュメント,電話ボックス,自動販売機など)を
もつ広場があるが,それはペデではなく,地上広場だといえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:42JTD10
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:C
●滞留要素:寄りかかれる手すり
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年8月1日(火)


20060911-4265739.jpg


川崎駅には,実に広場的なコンコースがある。
コンコースは駅ビルの室内空間ではあるが,開閉するトップライトがあり,
外部空間的な雰囲気ももっている。

そのコンコースはペデによって「ミューザ川崎」とつながっている。
ペデは,「ミューザ川崎」の広場的な外部空間とつながっているが、
(そこには,不思議なモニュメントがある)
ペデそのものは,シンプルな空中通路だ。

しかし,湾曲した通路となっていて,その下には緑が広がっていたりしていて,
手すりに寄りかかって立ち止まっている人が少なからずいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:34JSG09
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:B(立ち止まり要素をもつ)
●滞留要素:案内板
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年8月1日(火)


20060911-4265613.jpg


駅前のペデそのものは,立ち止まり要素(案内板)のみをもち,
座って休める休憩要素をもたないペデなのだが,
このペデは,ビナウォークという,外部にペデをもつ商業ビルに接続している。

ビナウォークのペデは休憩要素をもっているし,
地上の広場ともつながっている。
ビナウォークのペデは,その先で,TOHO CINEMAS(映画館コンプレックス)などの
商業ビルにもつながっている。

ビナウォークとその先をペデの範囲に含めれば,
海老名駅のペデは,大規模なスーパーペデだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:70POO02
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:B(立ち止まり要素をもつ)/A(休憩要素をもつ)
●滞留要素:案内板,ベンチ,植栽
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年8月1日(火)


20060911-4265530.jpg

20060911-4265537.jpg


うーん,このペデは,レベルの分類が難しい。
北口と南口の2つのペデが,大きく吹き抜ける駅コンコースで
つながり一体化しているからだ。

北口ペデの方が南口ペデより大きいのだが,
こちらには座って休める休憩要素は見あたらない。
通路というよりは,十分に広い広場的スペースをもつペデだし,
人を立ち止まらせる案内板もあるのだが…。

一方の南口は,ペデというより,ごく小さな駅へのアプローチのようだが,
こちらには座って休める休憩要素がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:69POO01
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ),ただし,半空中型(地上広場連結型)
●滞留要素:ベンチ,モニュメント,池,植栽
●接続建物:商業ビル,ホテル(ただし,地上レベルで接続)
●旅行日:2006年8月1日(火)

20060911-4265513.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:72PSG02
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,モニュメント,電話ボックス,案内板
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月27日(木)

20060911-4197388.jpg

ペデらしいペデなのだが,たとえば,溝の口ペデや橋本ペデや戸塚ペデなど,
道路の上に架設されたデッキではなく,線路の上部のデッキだ。
だから,ここには吹き抜けがまったくない。

また,駅ビルに面したデッキではあるが,
その他の施設と連結しているブリッジ状の部分もない。
だから,このペデには,空中に浮いた空間という感覚が希薄である。
どこかのビルの屋上といった感じなのだ(実際には,線路の上だけど…)。

吹き抜けやブリッジを伴わないペデは「屋上型」かなと思うが,
これは典型的な屋上型ペデ。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●所在地:神奈川県
●旅行日:2006年7月27日(木)

二俣川駅にもペデがあるという情報があった。
確かに,南口と北口の両方に,空中レベルの歩行空間があった。
しかし,いずれもペデらしいペデではないと思う。

●コード:71PSG01A
●ペデレベル:D(ペデというより通路)
●滞留要素:なし
●接続建物:駅のみ

20060911-4197340.jpg

南口の歩行空間は,ペデというより,駅へのアプローチだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:68POE01
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:B(立ち止まり要素をもつ)
●滞留要素:電話ボックス,ゴミ箱
●接続建物:駅のみ
●旅行日:2006年7月27日(木)


20060910-4197323.jpg

日大へ向かって,駅から階段を下がったレベルにある。
(下がったレベルといっても,そこが空中レベルである)。

ペデというより,巨大な階段の踊場という感じなのだが,
広さ的には広場的ではある。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:26JNA14
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:B(休憩要素はもたないが,立ち止り要素をもつ)
●滞留要素:案内板,電話ボックス,広場平面
●接続建物:駅のみ
●使用開始:2006年6月17日(土)
●旅行日:2006年7月24日(月)


20060910-4185572.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:45JTD17
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつ)
●滞留要素:ベンチ,アルコーブ,モニュメント,電話ボックス,案内板
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月27日(木)

20060910-4197234.jpg

「駅前の空中広場」というイメージにピッタリのペデらしいペデ。
現在のペデは東口にあるが,西口にも大規模なペデを
建設予定という看板が出ていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:67PKS01
●所在地:東京都
●ペデレベル:A(休憩要素をもつ),ただし,半空中型
●滞留要素:座れないこともない花壇,アルコーブ
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水)


20060910-4193134.jpg


うーん,はたしてこれをペデと呼んでいいのかどうか,
どうもよくわからない。

これは滞留要素をもつペデに違いないんだけど,空中ではなく,
地上の駅前広場のように感じられるのだ。
線路部分がその両側の地盤面に対して凹んでいて
(つまり堀下がったレベルにあって),
このペデはその線路部分の上部に架かっている。

線路には,並行して道路が走っているから,このペデは,
線路と道路の上空の空中施設ではある。
しかし,南側は道路レベルのバスターミナル+タクシー乗り場と一体化しているし,
北側は首都大学東京へとつながる歩行者大通りと一体化してしまっている。

つまり,一部が線路の上部にあるという点を除いては,
地上レベルの歩行者道路,あるいは,駅前広場という感じなのだ。

実際,駅前には自転車がたくさん置かれている。
自転車がたくさん置かれているっていうことは,
空中ではないというわけだから,
どうも僕のイメージするペデらしくはない。

だいたい,広場は,大通りと一体化してしまうと
広場ではなくなってします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:66PKO02
●所在地:東京都
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ),ただし,半空中型
●滞留要素:ベンチ,案内板,植栽,電話ボックス
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水)


20060910-4192965.jpg

京王線と小田急線の駅は隣り合っているが,
多摩モノレールの駅はちょいと離れている。
ペデはその3駅とバスターミナルを結んでいる。
このペデは,バスターミナルの上部に架かる空中広場ではあるのだが,
パルテノン大通りという歩行者道路につながるために,
一定の領域をもつ広場というよりは,大通りの一部のように感じられる。

空中と地上が一体化してしまっているために,
空中という意味は薄れてします。
そういったペデは,「半空中型ペデ」と呼んでおこうと思う。

ちなみに,パルテノン大通りは,サンリオピューロランドにつながっているから,
ペデ+パルテノン大通りは,施設を連結する通路ともいえる。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:53JYH16
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつ)
●滞留要素:ベンチ,案内板,公衆トイレ
●接続建物:商業ビル,図書館,集合住宅
●旅行日:2006年7月26日(水))

20060910-4192815.jpg


橋本駅のペデは,JR線と京王線の乗り換え側とは反対のJR線北口側にある。
ペデには,市立橋本図書館が入った8階建ての建物が面していて,
その建物には,ペデを見下ろすラウンジがある。

僕のペデのイメージにピッタリの「駅前の空中広場」なのだが,
その広場の北西の方向に通路が延び,集合住宅にも連結している。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:52JYH15
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,案内板,モニュメント
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水)


20060910-4192771.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:51JYH11
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A
●滞留要素:(工事中)
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水)


20060910-4192747.jpg


残念ながら,工事中。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:46JTD18
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素のあるペデ)
●滞留要素:ベンチ,電話ボックス,ビューポイント
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月23日(日)

20060910-4192066.jpg


このペデから電車を眺める子供連れがいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:44JTD13
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,記念碑
●接続建物:商業ビル,集合住宅(保育園),ホール(神奈川区民文化センター)
●旅行日:2006年7月23日(日)


20060910-4192021.jpg


JR東神奈川駅と京急仲木戸駅を結ぶペデ。
植栽の周りにベンチが配された広場的な部分は,駐輪場の屋上。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:30JSA13
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,電話ボックス,ビューポイント,座れる高さの花壇,光井戸
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月23日(日)

20060910-4191960.jpg

駅コンコース前が広場型のペデ,そこから一段下がったところから
通路型のペデがバスターミナルまで延びている。
広場部分は道路の直上で,中央付近にガラスブロックのトップライトが置かれている。
このトップライトはベンチにもなりそうだ。子供の興味も引くかも。

ペデの下部にはショッピングモールが通っている。
ここを訪れたのがたまたま日曜日だったからだろうとは思うが,
ショッピングモールでは野外コンサートが行われていて,
ペデからコンサートに聴き入る人も少なくなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:30JSA13
●所在地:千葉県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:
●接続建物:商業ビル,集合住宅
●旅行日:


20060910-4191916.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:27JNG07
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:D(ペデというより歩道橋)
●滞留要素:なし
●接続建物:駅のみ
●旅行日:2006年7月23日(日)


20060910-4191861.jpg

線路と道路を横断する歩道橋。
バス乗り場を示すサインはあるが,
方向を示すサインは滞留要素とはいえないだろう。
そこで立ち止まることはないと思えるから…。

でも,実際には,歩道橋の上で立ち止まっている人はいる。
友人同士の会話を楽しんでいる人たちもいれば,
歩道橋の上でバスを待っているであろう人もいる。
磯子駅の歩道橋から眺める磯子プリンスホテルは
けっこうな迫力(存在感)を醸し出していいるし…。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:24JNA08
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:D(ペデというより歩道橋)
●滞留要素:なし
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水))

20060910-4191806.jpg


武蔵中原駅の北西には,富士通川崎工場がある。ペデはその門まで延びている。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:05JCY27
●所在地:東京都
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:腰掛けられる高さの花壇,オブジェ
●接続建物:商業ビル
●旅行日:

20060910-4191717.jpg


JR立川駅と多摩都市モノレールの2つの駅(立川北駅,立川南駅)を結び,
そして,周辺の建物を広範囲に結んでいる。
施設を連結するスーパーペデ的なペデであるのだが,
JR立川駅前は,確かに「空中の駅前空間」となっているとも思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:02JCY11
●所在地:東京都
●ペデレベル:S(スーパーペデ)
●滞留要素:ベンチ,植栽
●接続建物:商業ビル
●旅行日:2006年7月26日(水)

20060910-mudai2.jpg


僕には,ペデは「駅前の立体利用を計ることで出現する歩行空間」
というイメージがある。
つまり,ペデは「空中に持ち上がった広場的な空間」だと思うのだが,
新宿駅西口のペデは,そんなイメージとはいささか異なっている。

そもそもこのペデは,駅コンコースと直結していない。駅ビルとは直結してはいるが,
駅に接する空間というよりは,駅ビルと周辺建物を連結する
通路なんだろうと思えるのだ。

通路といっても,そこには,ベンチや植栽(木陰)などのペデ的な滞留要素もあるし,
平面的にも広場的な広がりをもっているので,空間としては実にペデらしいのだが,
周辺建物の外部空間と一体化しながら,周辺建物の間を縫うように
伸びていく空間は,「駅前」というスケールを超えている。

そういった意味で,すなわち,「駅前空間の立体利用を計る施設」
というよりは「周辺の建物を連結する空間」という意味で,
新宿駅西口ペデは「スーパーペデ」と呼びたいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:65PKO01
●所在地:東京都
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,電話ボックス,自販機
●接続建物:商業ビル,娯楽施設(竹取の湯他),住居,店舗(マクドナルド)
●旅行日:2006年7月26日(水))

20060910-mudai.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



府中には,北口と南口のそれぞれに,「スカイナード」と呼ばれるペデがある。
いずれもペデらしいペデである。

●所在地:東京都
●旅行日:2006年7月24日(月)

【府中スカイナード(北口)】

●コード:64PKK01A
●ペデレベル:A(休憩要素をもつペデ)
●滞留要素:ベンチ,電話ボックス,喫煙スペース,ビューポイント,オブジェ
●接続建物:商業ビル,ホール(けやきホール),
店舗(スターバックス,ツタヤ),オフィスビル


20060910-4188048.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コードネーム:63PKI01
●所在地:東京都
●ペデレベル:D(ペデというより歩道橋)
●滞留要素:なし
●接続建物:駅のみ
●旅行日:2006年7月26日(水)


20060910-4185742.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:25JNA10
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:A(休憩要素をもつ)
●滞留要素:座れる高さの花壇,モニュメント,案内板,電話ボックス
●接続建物:デパート,商業施設


20060910-4185444.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加



●コード:61PKE01
●所在地:神奈川県
●ペデレベル:D(ペデというより歩道橋)
●滞留要素:なし
●接続建物:駅のみ
●旅行日:2006年7月23日(日)

20060910-4153179.jpg

生麦駅(京急線)にもペデ(ペデストリアンデッキ)があると聞き,かけつけた。
結論からいうと,ここにあるのは「歩道橋」であり,「ペデ」ではないと思う。
僕は,ペデを以下のように定義したいと考えている。

駅前空間の立体利用を計るために道路より高いレベルに
架設された歩行空間であり,何らかの滞留要素をもつもの

「何らかの滞留要素」は人をペデ上に留めるさまざまな要素という意味で,
それが何かという点については、このブログで例示していきたいと思っているのだが,
たとえば,ベンチや待ち合わせスペースはわかりやすい滞留要素だといえる。
ペデを「滞留要素をもつもの」と定義すれば,
単なる通過のための通路はペデとはみなさないことになる。

生麦駅には,線路をまたぐ高架橋がある。
それは駅へのアプローチを容易にする歩行空間であるが,
そこには,人が留まるための要素が見あたらない。
だから,それはペデではなく,ブリッジだ。

今日,僕がこのブリッジにいた間に,多くの人がこのブリッジを利用していたが,
ブリッジの上で足を留める人はいなかった。
でも,僕がそこにいたのは,ほんの15分くらいのことに過ぎなかったから,
誰もが足を留めることはないとはいえないとは思う。

今日はあいにくの曇り空だったが,
晴れた日にブリッジから見渡す風景は絶景かもしれないし,
ブリッジの上で待ち合わせをする人がいるかもしれない。
この上から電車を眺めることを習慣にしている人もいるかもしれない。
しかし,とりあえず,そのまでは考えず,上記の定義を意識して,
「ペデストリアンデッキへの旅」を続けていきたいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日無事(?)発表が終わりました。

僕の発表した駅舎のセッションでは僕ら以外全員JRの方々だったので
なんとなく初めは気が重かったのですが 特に問題なく終えることができました。

PCがプロジェクタに初め写らなかったことと
広い教室だったので 質問が聞き取れず、
たぶん質問の答えになっていないような
メチャクチャなことを答えてしまったこと以外。


ペデの調査・データまとめ
      ↓
ISAIA2006の論文作成
      ↓
香港・マカオの調査 
      ↓
日本建築学会大会の発表資料作成
      ↓
日本建築学会大会出陣


と、立て続けに大きな行事があったので
その分他の用や雑用に手を付けられず、ようやくそれらを片付けられそうです。
香港・マカオの調査記もこのブログに記そうと思います。

が!


ペデ調査の領収書一式を入れたファイルが見当たらない!!!!


これは事件だ!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加



20060907-VFSH0011.jpg

20060907-VFSH0012.jpg

ボーダフォンの古い機種で撮った写真なのでありえないほど荒いのですが
現在神奈川大学で開催されている日本建築学会大会へ行ってきました。
(2006年9月7日〜9月9日まで)

とりあえず、この日は駅関連のセッションをいくつか聴講してきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加




プロフィール




旅行と超高層ビルとAKBとIT&ガジェットと筋トレとオリコンと株主優待好きなサボリーマンです。

毎日眠いっす。休日は21時間寝ます。温泉ソムリエっす。

ライフログとしてサボリーマンブログ書いてます。金が欲しい。

TwitterFacebookYou Tubestore
foursquareNAVERまとめHUFFPOST
websitememoboardclock

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

・最近のコンテンツ
インデックスページ
・過去の記事
アーカイブ一覧

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31